MENU

従来型の薄毛治療医薬品ミノキシジルと新型キャピキシル育毛成分

当サイトでは次世代の育毛成分である、キャピキシルの効果や副作用について解説しております。

 

 

薄毛や抜け毛も現在では治療で改善が望めるようになり、特にプロペシアやミノキシジルなどの医薬品はよく選ばれています。

 

しかし、こうした薬はすぐ効果が出るものではありません。

 

また、中断してしまうと再び髪も薄毛の状態に戻ってしまいますので、効果が現れてからも、さらに長く薬を継続することは必要不可欠となります。

 

 

さらにそれ以上に、薬を長期に続けていくとなるとやはり気になるのはその薬の体への影響、つまり副作用ではないでしょうか。

 

薄毛治療薬は安全性が高いとされていますが、やはり医薬品ですので、何らかの副作用はあり、人によっては強く出てしまうこともあるのですね。

 

それゆえに長期にミノキシジルなどの薬を使うことに抵抗を感じている人も非常に多いのが現実です。

 

 

そこで、最近はより体に負担の少ない、それでいて優れた改善効果が期待できる新しい育毛成分が注目されており、なかでもキャピキシルは非常に高い効果を期待できると言われているのです。

 

育毛剤業界の救世主的存在であるキャピキシルは、カナダのコスメ系会社が開発したもので、その効果はなんとミノキシジルの3倍にも及ぶとされているんですね。

 

このように非常に頼もしい存在のキャピキシルですが、まずはこの成分を利用する前にその特徴を良く理解しておきましょう。

 

 

キャピキシルなら初期脱毛の心配や副作用がありません

 

 

キャピキシルが配合された育毛剤は現在すでに販売されており、業界ではかなり重要視されています。

 

キャピキシルの成分内容を専門的な見地から具体的に解説しますと、これはアセチルテトラペプチド-3と呼ばれる成長因子と、アカツメクサ花エキスというものががミックスされており、男性型脱毛症を悪化させる5αリダクターゼの阻害に役立つとされています。

 

 

アカツメクサには育毛に役立つイソフラボンが豊富に含まれており、そのイソフラボンの中でもピオカニンAは特に5αリダクターゼの阻害に役立ちます。

 

さらにキャピキシルの副作用についても知っておきたいところですね。

 

これは、これまでミノキシジルやプロペシアなどには育毛効果よりも副作用の危険性が怖いため、使用を避けてきたという人も非常に多いからです。

 

しかし、キャピキシルは植物由来の成分ですので、そうした副作用の心配はなく、男性だけではなく女性にも安全に安心して使える育毛成分なのです。

 

AGA治療では初期脱毛と呼ばれる治療前よりも一時的に抜け毛が増える症状が起こることもあります。

 

そしてそれが精神的な負担となることも少なくありません。

 

キャピキシルならそのような初期脱毛を含む副作用がありませんから、
ストレスや不安・恐怖を感じることなく、安心しながら大いに育毛効果が期待できるということです。